会社情報

ライン計画、貿易、縫製、検品、補修、出荷の流れを一貫に行いコントロールが可能です。
国内工場でプレス修正、補修まで行える為、短サイクルでの高いA品率での納品を可能にしています。
国内縫製ラインでオーダースーツを中心に受注生産を開始。
CAM導入後、短納期でのサンプル作成、舞台衣装等、様々なスーツに対応しております。

会社概要
会社名 高間株式会社
会社成立 1971年12月13日
代表者 代表取締役 吉野雄大
事業内容 紳士服製造及び国内検品、プレス、リフォーム
資本金 1,000万円
従業員数 22名(男1名、女21名)
本社 〒491-0104
愛知県一宮市浅井町小日比野字大萩954番地24
TEL:0586-78-3833 FAX:0586-78-7449
E-MAIL:jimu@takama-co-ltd.jp
海外協力工場 湖北賽尚服装集団有限公司(中国)
会社沿革
1933年(昭和8年) 高間嘉市が一宮市須崎通りで縫製加工創業
1965年(昭和40年) 一宮市、縫製工業団地にて工場設置移転
1971年(昭和46年)12月 愛知県一宮市縫製団地にて高間(株)設立
スラックス中心に裁断、縫製を行う
社長に高間好郎が就任。
1985年(昭和60年)12月 管理会社、三愛(株)設立。
1988年(昭和63年)5月 高知県に(株)伸栄ソーイング設立。
紳士服スーツ組上縫製を行う。
1999年(平成11年)6月 中国の湖北美春服装公司にて紳士服製造ライン設置。
紳士服の生産をスタートする。
ライン計画、技術指導等行う。
2000年(平成12年)4月 (株)伸栄ソーイングを閉鎖。
上着の生産を完全に中国に移転。
2001年(平成13年)9月 三愛(株)閉鎖。
2005年(平成17年)2月 湖北美春服装公司に出資し合弁をする。
2012年(平成24年)4月 社長に吉野雄大
今日に至る。
2016年(平成28年)4月 国内縫製ラインでオーダースーツ、サンプル受注を開始。
主要取引先
取引先
アパレル先
瀧定名古屋(株)、豊島(株)、帝人フロンティア(株)、ホープインターナショナルワークス(株)
田村駒(株)、他
取引銀行 愛知銀行、いちい信金
営業拠点
本社 〒491-0104
愛知県一宮市浅井町小日比野字大萩954番地24
TEL:0586-78-5155(代表)
FAX:0586-78-7449
国内作業
貿易 書類作成、連絡全般
コンテナ受け入れ 20フィート、40フィート
検品 全品の外観検査
プレス プレス不良の直し。
自動プレス機による本プレスも可能。
運送中のシワ伸ばし。
補修 纏め不良。汚れ落とし。糸引き等を補修。
特殊ミシンによる補修も可能(ボタン付けミシン、AMSステッチ等)
検針 Wヘッドの検針機使用 (基準∅1.0 φ0.8までは対応)
検針非対応のものはハンディー検針機を使用。
出荷 ハンガー又はケース詰め
その他 袋掛け、ハンガー交換、下げ札付け、
その他札付け等
釦付け、ネーム付け
国内生産能力
国内検品 日産 600着   年間155,000着
オーダースーツ(中国工場) 日産 150着
オーダーベスト(日本工場) 日産 40着
国内設備
自動検針機 2台、その他検針機 4台、アイロン台 14台
ロータリーキャビネット 3台
ミシン(本縫い、オーバーロック、カン止め、AMFステッチ、穴かがり、ネーム付け、二重カン、ルイス) 15台
プレス機(股下、衿、肩、前身、後身、アームホール、袖) 20台
ブリザイ上着プレス一式、シロセット加工用股下プレス
裁断機(AGMS製)、CAD(東レ)